アコースティックギター 専門店 アイトレード
AI Trade since 2006 by Westprism Co.

アコースティックギター 専門店 アイトレード


大阪府大阪市東淀川区豊里2−20−10−202  TEL06-6990-1900 FAX06-6990-1886
MARTIN D-45 & ASTURIAS D.EMPEROR Style 45 の魅力
アバロンで飾られたギターではなく”最高のギターに最高の装飾”という発想を具現化したギター=スタイル45

凄そうなテーマになってしまいましたが ・・・たまたまD−45とアストリアスD.エンペラーがあったので何気なく撮ってしまいました(^_^;)
商品写真じゃないので気楽に撮りましたが、 それにしても絵になりますね〜


ギターを手にすると必ず一度はあこがれてしまう、スタイル45・・・最近ではマーチン社においてもビンテージスタイルのレプリカモデルが発売され、マーチン社の中でも最高額ギターではなくなりましたが、D−45は使用されている材、製作に携わる職人に至るまで、現在でも厳選されています。45用の材が無ければ作らないと徹底しています。スタイルに惑わされがちですが、クオリティーの高さはその音にまで表現され一度手にすると忘れられません。
見た目の派手さに負け無い最高峰と呼ぶにふさわしいギターです。
アバロンで飾られたギターではなく最高のギターに最高の装飾という発想を具現化したギター=スタイル45 なのです。
国内外のメーカーもこのスタイル45をメーカーにおける最高クラスのギターと位置づけているメーカーが多く、その至る所に施されるアバロン等の貝の美しいインレイワークは熟練の職人でもかなりの集中力を要します。
弊社が主力で扱うアストリアスにおいても最高クラスのギターとしてD.エンペラーがあります。スタイルこそ最高のインレイ技術を採用した45スタイルですが、音質、材の選択や思想、設計も違うので、まさに似て非なるものなのです。

*定義しているスタイル45とはヘキサゴンの貝やアバロンバインディングがインレイされているかどうかではなく、材のチョイスももちろんですが製作する職人までが最高の技術で製作した最高級のマーチン45スタイルのギターのことです
左:マーチンD−45 右:アストリアス D.エンペラー
アストリアスはバインディングをアバロン+メイプルで、D−45は アバロン+ホワイトボルタロンで
(*ボルタロンはセルに変わる素材で、経年による縮が少ないことや耐久性の高いことから採用されています ・・・素材については別の機会に。)
本来バインディングとはギターにとってはバンパーのようなものです、このあたりはお国柄?バンパーはぶつけるためにあるのか、バンパーも個体の一部なのかという考えのちがいか、USA産はギターでは木で巻いているスティールストリングスギターは少ないですね。アストリアスは木を使うことでさらに高級感を出しています。


どう見てもマーチンのヘッドです。(^_^;)縦ロゴはやは「CFMartin」がいいですね。他のメーカー名を入れるならやはり通常の横ロゴがいいと思うのは僕だけでしょうか?
スクエアータイプのヘッドストック材はローズ。ナットはボーンです

アストリアスのヘッドはトーチインレイアバロンバインディングと高級カスタム感を出しています。力強く豪華なビンテージマーチン風のトーチはいいですね。もちろんきっちりインレイされています。ヘッドストック材はハカランダです。ナットは象牙

45といえばヘキサゴンポジションマーク。白っぽい発色の上品なアバロンを採用しています。


青白い発色のアバロンを採用しています。密度の高いエボニーフィンガーボードに映えます


マーチン社最高グレードの極上のシトカスプルースのTOP。トップ材の中では数が多い方なので良材があると言われていますが、その中でもマーチン社内の最高グレードに類するグレード8の材を使用

アストリアスの最高級グレードのジャーマンスプルースを採用しています。アバロンの取巻きの雰囲気はかなり美しく仕上がっています。60年代後半の再び製造の始まった頃のオリジナルD−45もジャーマンスプルースを採用していました。

インデアンローズウッド・・・見本のようなクオリティーです。さすがにどの45も同等クオリティーです

アストリアスのグレードではもちろん最上級の極上インデアンローズウッドです。大変見応えある材を使用しています。

ヘッド裏のダイアモンドボリュート 下:D−45は2005年製造のワンピースマホガニーネック 上:アストリアスはネックヒールでの2ピース構造。アストリアスでは音の伝達性の観点からこの構造をすべての機種に採用しています。

アストリアス D.エンペラーの外観。この上には素材違いのハカランダ仕様があります。

ふれるとわかるスタイル45・・・今回モデルとなった元祖のD−45、カスタム品のアストリアスD.エンペラーはいずれも、ごろごろあるものではなく、楽器店店頭においてもスペシャルな場所に展示されています。スタイル45の美しさ、この雰囲気だけでもいつもと違うフレーズが思い浮かぶ気がします。両者はTOP材の違いも手伝って全く違う方向性を持った音に仕上がっています。マーチンの持つステータスや安定感はすばらしいものがあり、音についても鈴鳴りの美しくクオリティーの高さがうかがえます。D.エンペラーはカスタム仕様の受注生産品です。アストリアスのクオリティーは大変高く、うまくスタイル45をアストリアスらしくパワフルな音に味付けされてています。意外に安いのが魅力です。どっちもコレクションに加えたいいギターですね。

ところで、最高峰のギターの装飾はなぜこの45になるのか?・・・カントリーシンガーのジーン・オートリィのオーダーでこのデザインを考え出した1933年当時のマーチンはやはり凄い!これ以上豪華で実用的なデザインは現在に至るまでなかなか出てきません。確かにこれ以上の豪華なインレイギターはありますが、実用性はどうかとか普通に弾けるか考えると・・・ちょっとね〜。D−50とか100とかでガンガンストロークして弾き語りしてたらビビッてしまいます。またインレイだけ豪華で音がショボイと悲しいかな・・となると、素直に45デザインでいっておくのが最良だし、購入する側もどことなく45のスタイルであって欲しいと願っている部分もあるかな〜。やはり実用的で豪華なスタイル45のバランスの素晴らしさなのでしょう。

写真は
MARTIN D−45 2005年製 と ASTURIAS D.EMPEROR 2008年製

<<アストリアス D.エンペラーについて>>オーダーしてみませんか!お見積もりは無料!
一本くらいはお手元に!
アストリアス D.エンペラーの持つ重厚な雰囲気は他のギターには無い雰囲気を持っています。受注生産でご希望の材を使用しご希望のギターが作れます。約半年を要しますが、納得のいく一本を作っていただけます。後の調整についても職人が弦高やテンションまで時間をかけて調整できます。詳しくはお問い合せください。ちなみに、基本のエンペラースタイル、極上インディアンローズウッド仕様で販売価格約46万円(ハードケース付)程度で作れますので、良心的な価格です。アストリアスギターは本当にまじめに適正価格を付けている唯一のメーカーですね。ネック幅の変更や、ロングサドル仕様とアップチャージにて変更可能です。良材もだんだん少なくなって来ますので、早いうちにオーダーいただくのが得策かと思われます。
2008.6 by J

Copyright (C) 2006 AI Trade Gutar. by Westprism Co. All rights reserved
当WEBSITEにおいて使用するすべての画像の無断転載、使用を禁止いたします